ホイール修理は中高生のセックスに似ている

中学受験をのりきろう!

2016年8月24日(水曜日) テーマ:

これは私自身の体験談です。私は小学生の頃から複数の家庭教師や塾などの習い事をしており、気がつけば中学受験をすることになっていました。進学した中学校を選んだのは理由は公立の中学校にはサッカー部がなかったから。サッカー大好きな私からしたらサッカー部がないのはあり得ないと思い当時はわりと倍率の高かった学校を目指しました。小学生ながら私のスケジュールはなかなか忙しいものでした。一週間のうち週の半分以上は塾があり、学校が終わったら休む間もなく塾に行き夜まで勉強の日々。塾がない日でも学校の宿題と塾の宿題におわれていました。遊びたい盛りなのに遊んでいい時間はきめられて、おじいちゃんの家に遊びに行った時ですら勉強しないと怒られていました。そんな厳しい日々を乗り越えれたのは一緒に勉強してた友達と楽しく授業してくれた塾の先生、厳しいながらもずっと支え続けてくれた両親のおかげだと思っています。合格発表の時のあの嬉しさは一生忘れないでしょう。受験という目標に向かいひたすら頑張る経験は必ず人生の糧になると思います!世の中の小学生で受験を考えてる皆さん、頑張って遊びと勉強を上手く両立させてくださいね!
詳細は→中学受験対策プロジェクト※目指せ合格!いつから始めるべき?に詳しく紹介中です。